LIBRARY

連載|古図面の旅

三菱地所設計(以下、当社)は、1890年(明治23年)に三菱社の内部に設置された「丸ノ内建築所(まるのうちけんちくどころ)」にはじまる、わが国で最も歴史のある設計組織です。当社が管理する建築図面は、1894年(明治27年)に竣工した三菱一号館から現在に至るまで、途切れることなく残されています。現在、当社「古図面研究会」によって順次調査分析が行われており、膨大な図面の情報から各時代の設計思想や建築技術を知ることができます。 設計者たちは、各時代に何を考えて設計に取り組んだのか、図面を残すことで後世に何を伝えようとしたのか、そこにはどのようなレガシーがあるのか。図面1枚1枚を広げて見えてきた奥深い世界へご案内します。

目次

当ウェブサイト内のコンテンツ(情報、資料、画像等)の著作権およびその他の権利は、当社または当社に使用を認めた権利者に帰属します。法律上許容される範囲を超えて、これらを無断で複製、転用、改ざん、頒布などをおこなうことはできません。

筆者プロフィール

  • 野村 和宣

    野村 和宣(のむら かずのり)

    建築や都市を鑑賞する際、専門家の意識を取り除いて、できるだけ素の人間としての自分になって観るように心がけています。美味しい料理が理屈なく美味しいと感じられることと同じように。

  • 江島 知義

    江島 知義(えじま ともよし)

    歴史的建造物に関わる楽しみは、推理小説を読むような謎解きにあります。なぜ、このデザイン? 納まり?など、原設計者と会話をするように謎を解き、オリジナルを探し求め、そこに新たな価値を見い出すようにしています。

  • 住谷 覚

    住谷 覚(すみたに さとる)

    古図面と出会って数年。設計者の思いを想像しながら向き合うことを大切にしています。描き込まれた大先輩のスケッチに共感したり、逆に悩んだり。図面に残された謎が解けた瞬間が一番の楽しみです。

  • 大西 康文

    大西 康文(おおにし やすふみ)

    古図面は、日本が国際化し工業と産業が発展していく過程で、その時々の設計者が建築の細部を改善すべく試行錯誤した過程を教えてくれます。図面から伝わってくるものづくりへの情熱に、同じ技術者として心癒される今日この頃です。